2007年11月14日

和みの音

あなたにとって
和みの音
とは何ですか?
波の音・川のせせらぎや虫の声、風鈴の音色などいつまで聞いていても不快にならない音。
大きくなったり小さくなったり、強くなったり弱くなったり・・・。
連続的でありながら、一定ではない揺れのことを「ゆらぎ」と呼びます。

人を和ませるというα波
(心身ともに安らいでいる時に見られる脳波)を出させるリズムを
『1/f(エフ分のいち)ゆらぎ』といいます。
以前、テレビなどでも報道されたことがあるので聞いたことがある方も多いと思います。
1/fゆらぎは、2つの性質があります。
1つめは「周波数ゆらぎ」・・・音の高低のゆらぎで、小川のせせらぎ・小鳥の声・波の音など単純な自然の音や、
                 人が弾くバイオリンの音色など
2つめは「振幅ゆらぎ」 ・・・音の大小のゆらぎで、お寺の鐘や風鈴(セラミックなどではなく
                 手作りの江戸風鈴の方がおこりやすい)の音色など

この『1/f(エフ分のいち)ゆらぎ』は
胎児から老人まで全ての人に和みを与えると考えられています。
和みの音(特に高周波を含む音)はお腹の赤ちゃんの脳の発達、特に情緒をつかさどる右脳の活性化に
つながるといわれています。
風音

また、お母さん自身も気持ちよく快適にさせるため胎教に
良いのです。

「風音〜Kazaoto」というサイトでは
この風鈴の音をはじめ川のせせらぎなどの自然界の音や1/fゆらぎを含んだ
和みの音を試聴できます。
ぜひ1度、聴いてみてください。私のおすすめは
ケーナ(竹の縦笛)の音楽「ヒーリングケーナ」です。
和みのひとときのBGMに加えてください。


記事の内容はを参考にさせていただきました。


posted by Rira at 09:55 | TrackBack(0) | 和みの音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。